どんな肌質の方にも安心してお使い頂けるナチュラルフード品質の無添加スキンケア / 和方美ヤマトナデシコ

どんな肌質の方にも安心してお使い頂けるナチュラルフード品質の無添加スキンケア / 和方美ヤマトナデシコ

ヤマトナデシコ12人女子会  >>>  須永 晃子

須永 晃子 / すなが あきこ

プロフィール(経歴)
津田塾大学英文学科卒業。
東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻環境経 済学研究室にて「インドの有機農業」について研究。
農学修士。ニューヨークのカウ ンセラー養成学校Institute for Integrative Nutrition卒業、米国代替医療協会認 定ホリスティック・ヘルス・カウンセラー。

Healing Food Institute
http://www.healingfoods.jp/

Blog
http://ameblo.jp/organic-aco/

ヤマトナデシコ12人女子会

職業、どんなお仕事をされていますか?

心と体を癒す食事=「ヒーリング・フード」をコンセプトにし、執筆、セミナー、講 演を行っています。
また、食事指導を中心として、ライフスタイルを含めたアドバイ スをする「ホリスティック・ヘルス・カウンセリング」(米国代替医療協会認定)を 行っています。 また、有機食品企業の商品開発・マーケティング等もしています。

あなたにとっての「美」を語ってください。

私は、健康も美容も、「ホリスティック」な考え方を大切にしています。
美に関して説明しますと、「ホリスティックビューティ」とは、まず心と体という内 面と外面の両面のアプローチでケアすることです。さらに、西洋と東洋、民間伝承の 美容テクニックから最先端のものを含むさまざまな方法を、体質や季節などのコン ディションに合わせて取り入れていくトータルバランスを考えた美容です。

美しい状態は、心身が健康で、その人らしい個性や魅力が発揮されている状態。
いわ ゆる魂がキラキラと輝いている状態ではないかと思っています。
そのため、私は、日々私たちが口にする食事やライフスタイルが大変重要だと思って います。
身体の健康はもちろん、自分の魅力を気持ち良く解放して、いつも希望を胸 に抱き、幸せな心の状態をキープすること。そうすると、お肌の細胞の一つ一つが元 気に生命力にあふれて、自然に素敵な笑顔になれますよね!
そのようなことは、お洋 服や化粧品で美しさを演出する前段階の「美」のベースだと思っています。

私自身、オーガニック商品がとても大好きなのですが、自然から「美」をいただくた めの有効手段だからという理由もありますね。オーガニックフードやオーガニックコ スメが持つ植物素材の生命力を活用すれば、栄養素やプラスのエネルギーを自然の恵 みからいただくことができます。 こうしたナチュラルな美容法を大切にしています。

美しくあるためにどんな事に気を付けていますか?

食事のバランスチェックはもちろんですが、私は、心と体の両面のメンテナンスを大 切にしています。
まず、メンタル面の習慣としては、自分の心の中に浮かんだことを書き綴る「心のダ イアリー」をいつも持ち歩いています。ちょっとした隙間時間に一人の時間をつくっ て自分自身を見つめる心のケアを大切にしています。

フィジカル面では…実は、あんまり運動は得意な方ではないので、ジムに通ったり ジョギングしたりなどのトレーニングはしていませんが、メンタル面もフィジカル面 も両方に効果があることを、時々意識してやるようにしています。ヨガや日本舞踊の お稽古などは、まさに一石二鳥!普段、仕事のことばかりでいっぱいの頭を一旦空っ ぽにして、無心で身体を動かすので、頭も心も体もすっきりでき、とても気に入って います。

スキンケアは、お気に入りのアロマの香りがとってもやさしい海外のオーガニック(無添加)コスメを愛用しています。 もともと色白で特にクスミなどは気になっていなかったのですが、1年半前に出会ったこの「和方美ヤマトナデシコ」を使うように なってから、季節の変わり目などに感じていたお肌のざらつきがなくなり、お化粧のりが良くなったように思います。
普段使っているものとの相性も良く、毎日のお手入れに無理なく取り入れられるところと、 優しいのにしっかり機能的。というのが使うとよくわかるところがいいですね。
まさに、控えめなのに凛とした芯の強さを持つ日本女性って感じです。

後は、バランスを気をつけていても、あまりにも仕事で身体を酷使(笑)して、もう何もで きない!なんてこともありますよね。そんな時は、自分へのご褒美としてお気に入り のサロンでトリートメントを受けたりしてリフレッシュしたりしています。

どんな性格の持ち主ですか?

マイペース。穏やか。見えないけれど、心の奥底は情熱家。そして頑固。 好奇心旺盛。まどろっこしい事は嫌い。
自分を押し出していくタイプではありません。
リーダーの下について、支えるサブリーダータイプ、かな。

好きな食べもの、身体に良い食べものはありますか?

私の提唱するヒーリングフードは、さまざまな薬効が期待できるものも適宜ご紹介す るのですが、基本は極めてシンプル。日常食を大切にしています。

伝統的な和食が私 にとってはやっぱり心地いいので、普段の食事は、玄米や雑穀を主食とし、具をたっ ぷりいれたお味噌汁が基本です。 厳格なベジタリアンではありませんが、野菜は大好きです。
なるべくオーガニックの ものを選び、ビタミン・ミネラル・酵素をたっぷりとるようにしています。
私の父が群馬県で小松菜を有機栽培していることも大きいですが、小松菜は欠かせま せんね。
毎日、生サラダやお浸し、さまざまな料理で小松菜を使い、小松菜の青汁も 毎日飲んでいます。小松菜は、健康にはもちろん、お肌の調子も整えてくれるので、 本当に感謝しています。

何をしているときが一番充実していますか?

いつも充実感を感じて生きているので、一番というとなかなか絞り込むのが大変です ね。。。(笑)
プライベートももちろんですが、仕事をしている時もとても充実して います。
もちろん、自分なりに様々な課題に取り組まなければならなかったり、常に 大変なことは出てきますが、調査、執筆、講義、カウンセリング、商品開発等すべて 私は自分の仕事が大好きです。

食事や環境に関する、私が関心のある分野のことを調べ、生産者やメーカーの方とコ ミュニケーションをとり、その中から見えてきたことを自分なりに抽出して、大切な ことを人々に伝える。
それが社会的、環境的な意味において、また、どなたかの健康 や幸せな生活のために役立つことを願って仕事をしています。だから、読者の方や講 演を聞いてくださった方からご感想や励ましのお言葉をいただいたり、カウンセリン グによって小さなことでも何かプラスのアドバイスができて喜びのお声をいただくと き、私は心から幸せを感じ、さらなる仕事の原動力になっています。

これからの人生の目標や、ビジョンは何ですか?

今までの私は、一人暮らしの学生やOL向けの内容が多かったのですが、自分のライ フステージに合わせて、今後はもっと家庭的な要素も仕事にプラスできたらいいな、 と思っています。

また、私の仕事のやり方をもっと進化させてどんどん海外にむけて 日本の健康やビューティを発信したいと思っています。自分自身、健康と美容に磨き をかけて、仕事も生活もより良くなるよう、希望にあふれて努力をしながら、毎日を 積み重ねていきたいです。いつもワクワクしながら、魂をキラキラ輝かせて、人生を 楽しんでいきたいです!

PAGE TOP